【弘前城菊と紅葉まつり】FLOWER ART 2021_メイキング

日本部門オフィシャルセレクション

1962年から続く、青森県弘前市の秋を象徴する「弘前城菊と紅葉まつり」。
その中で、2020年からはじまった新しい展示企画が「花」と「芸術」をキーワードに、ねぷたやりんごといった弘前ならではのシンボルと文化を融合させたフラワーアートです。2020年は新型コロナウイルスの感染急拡大を受け中止となりましたが、その想いを引き継ぎ、今年は更に大きな作品制作に取り組みました。

2021年のテーマは「枯木龍吟(こぼくりょうぎん)」。復活やさらなる発展へという想いが込められています。
メイン作品となる「昇天華龍」は、全長100mを超える大きさで、弘前のねぷた組師とフラワーアーティストの競演により制作されました。美しい弘前の紅葉と、様々な分野のアーティストと弘前市民の共作による作品群をご覧ください。

プロデューサー名:HIROSAKI AIR 樽澤 武秀
監督名:HIROSAKI AIR 樽澤 武秀

Leave a Reply

CAPTCHA