-第3回- 日本国際観光映像祭の開催について AWARD 2021 3/2(火)・3(水)

第3回日本国際観光映像祭は無事終了しました。オンラインで配信した内容はこちらからご覧いただけます。

開催概要

  • 開催日程

    開催日:2021年3月2日(火)~3月3日(水) 10:00 − 16:30(2日目 16:00)
    会 場:音羽山 清水寺(所在地:京都市東山区清水1丁目294)
  • 開催方式

    会場よりオンライン配信。
    配信サイトは当日までにホームページに掲載します。
  • 主  催

    日本国際観光映像祭実行委員会
    (構成:和歌山大学国際観光学研究センター、摂南大学、和歌山大学観光学部)
  • 共  催

    観光映像プロモーション機構設立準備委員会
  • 参加費および作品審査費

    無料
  • ART&FACTORY JAPAN
    共催・協力

    共催: 与論町
    協力: DJI JAPAN 株式会社
  • 後  援

    観光庁、京都府、京都市、近畿総合通信局、一般財団法人 地域活性化センター、公益社団法人 北海道観光振興機構、 一般社団法人 東北観光推進機構、一般社団法人 関東観光広域連携事業推進協議会、一般社団法人 中央日本総合観光機構、一般財団法人 関西観光本部、一般社団法人 せとうち観光推進機構、一般社団法人 山陰インバウンド機構、一般社団法人 四国ツーリズム創造機構、一般社団法人 九州観光推進機構、一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー

プログラム

応募映像への授賞式、清水寺において、
世界における対話と相互理解 並びに新型コロナウイルス早期収束を願う法要、
ART&FACTORY JAPAN プレミア上映やシンポジウムなどをオンラインで配信します。
※プログラムや登壇者は2月現在のものです。予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
  • 3月2日(火)10:00~16:30
  • 3月3日(水)10:00~16:00
Program
  • 10:00~10:15
    ご法要
    世界における対話と相互理解 並びに新型コロナウイルス早期収束を願う法要
    音羽山 清水寺 森清顕執事補
  • 10:30~10:45
    開会式
    日本国際観光映像祭の趣旨説明(JWTFFの紹介)
    ~CIFFT 正式加盟 UNWTO(国連世界観光機関)認定~
    代表挨拶 Alexander V.Kammel(ビデオメッセージ)
    木川剛志(日本国際観光映像祭ディレクター)
  • 10:45~11:30
    基調講演
    観光で地域を豊かに!
    一般財団法人 地域活性化センター 常務理事 北村潤一郎
  • 11:30~12:15
    フォーラム1
    清水寺参詣曼荼羅から読める人々の旅への思い
    音羽山 清水寺 森清顕執事補
  • 12:15~13:15
    応募映像上映
  • 13:15~14:15
    今年の注目映像
    過去最大の応募総数1327本!! 注目映像について、ご紹介いたします
    田中光敏(映画監督)、宮田耕輔(雑誌編集者)
    加嶋章博(摂南大学)、野村佳子(摂南大学)
    松崎まこと(映画活動家/放送作家) モデレーター
  • 14:15~15:00
    「心を動かし、人を動かす」
    持続可能な観光の実現と観光映像の役割について
    ~観光映像プロモーション機構の立上げについて~
    JTB、西日本旅客鉄道、日本航空、大日本印刷、古山正雄(前京都工芸繊維大学長)
  • 15:00~16:30
    ART&FACTORY手法によるあるべき観光映像の姿を提言。
    ~21年2月実施する与論島での最新映像から~
    木川剛志(日本国際観光映像祭ディレクター)、田中光敏(映画監督)、与論町、DJI

3月3日(火)10:00~16:00

Program
  • 10:00~11:00
    今年の注目映像
    過去最大の応募総数1327本!! 注目映像について、ご紹介いたします
    本田勝之助(本田屋本店代表)
    宮田耕輔(雑誌編集者)
    加嶋章博(摂南大学)
    野村佳子(摂南大学)
    玉田玉秀斎(講談師) モデレーター
  • 11:00~11:30
    フォーラム3
    コロナ禍、そしてコロナ後における"ヘリコプターツーリズムの可能性"
    ~最新事例を交えて~
    上嶋史朗(MS-NEXT代表)
    船田幸夫(一般社団法人日本巡礼 / 日本ヘリツーリズム協議会 設立準備委員会)
  • 11:30~12:00
    フォーラム4
    次世代型XR観光映像~究極のXRで観光はどうなるか?
    尾久土 正己(和歌山大学観光学部教授・学部長)
    関西テレビ放送
  • 12:00~13:00
    応募映像上映
  • 13:00~13:30
    フォーラム5
    観光映像×デジタルの可能性
    神田孝治(立命館大学文学部教授)、与論町、大日本印刷
  • 13:30~14:00
    フォーラム6
    観光映像が導くこれからの地方のありかた
    本田勝之助(本田屋本店代表)
    加嶋章博(摂南大学)
    宮田耕輔(雑誌編集者) モデレーター
  • 14:00~16:00
    Award Ceremony 授賞式
    授賞作品の発表

3月2日(火)10:00~16:30

メディア・報道の方に

当日に詳細取材をご希望の方は、清水寺 大講堂 洗心洞にある映像祭受付にお申し入れください。

※取材時間のご希望にお応えできない場合がございますので、予めご了承ください。

イベント紹介

3月2日(火) 15:00~16:30
ART&FACTORY JAPAN
ART&FACTORY手法によるあるべき観光映像の姿を提言。
~21年2月実施する与論島での最新映像から~
ART&FACTORY手法とは、クリエイターたちが現地滞在して、観光と住民の関係を、考えながら、旅行者視点での体験や現地の生活を反映した観光映像をつくる手法。この手法で作らてた観光映像は、地域の根源的な魅力を伝えることができ、地域住民のインナーブランディングにも寄与することができます。
4組のトップ映像クリエイターたちが与論島に滞在し与論の知られざる魅力を発信する最新映像をもとに、あるべき観光映像の姿を提言していきます。
-クリエーター紹介-
  • 大熊一郎

  • 楠健太郎

  • 福山功起

  • 宮川博至

観光映像プロモーション機構ご紹介

3月2日(火) 14:15~15:00
フォーラム2
「心を動かし、人を動かす」
持続可能な観光の実現と観光映像の役割について
~観光映像プロモーション機構の立上げについて~
良質な観光映像を起点とした観光振興を目的に設立された産学官民ネットワークである「観光映像プロモーション機構」。
持続可能な観光地経営を実現する上で日本や世界が抱える観光における課題を提起していきます。
-登壇-
  • 株式会社JTB
  • 西日本旅客鉄道株式会社
  • 日本航空株式会社
  • 大日本印刷株式会社
  • 古山正雄(前京都工芸繊維大学長)

審査員

審査委員一覧を見る

第3回日本国際観光映像祭 協賛・協力企業・団体