関西の観光課題の一つである「消費額低調」という課題に対して、新たな長期滞在型外客の獲得を目的として、ターゲット(who)は欧米豪の訪日検討層、訴求内容(what)は当本部の観光素材需要度調査事業で欧米豪の訪日検討層にもっとも好影響を与えたTradition・Nature・Cuisine3テーマで企画設計。この動画を活用して欧米豪の訪日検討層の関西訪問意向率を向上させる為に、欧米豪6か国(北米・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・オーストラリア)の訪日検討層に対してYouTubeプロモーションを展開して、彼らの訪関西意向率を高める試みをした。ちなみに、この動画の訴求力を可視化する調査事業において、動画視聴前の各国平均訪関西意向率25.7%に対して、動画視聴後の態度変容を示す値が各国とも60%を超えた。
課題解決を依頼した永川監督の提案により、特にストーリー性はなく、欧米豪を中心とした訪日検討層へ幅広くプロモーションできるようにノンバーバルで設計した。また、関西観光資源の魅力を最大化できるようにイマーシブな映像制作に従事して頂いた。我々の主眼は、映像制作ではなくて課題解決ゆえに、如何に視聴してもらうか!?ここへの解は3つであった。先ず、訪日検討者が旅行検討している際に検索しているキーワードの活用(永川監督)。次に、訪日検討者に需要度の高い観光テーマ/素材の活用(関西観光本部)。最後に2017年度JNTO調査事業で導き出された「欧米豪の7つのパッション」の活用。以上を踏まえた永川監督の緻密な企画設計と、的確なSE、テンポをつけるハイパーラプス、先を見据えた8K仕様で撮影頂いた結果が功を奏し、1週間の海外プロモーションで400万回視聴を超える反響を得ることができた。その後の反響も留まるところを知らず、今年6月に開催されたG20のレセプションパーティーのオープニング映像にも採用されて、各国首脳の前でKANSAIの魅力を効果的に訴求することができた。

Producer
有吉一晃
Director
永川優樹
Location

関西2府8県の観光スポット(34か所)
Length
3:37
Year
2019