新型コロナウイルス(COVID-19)が拡大しています。そのため、日本国際観光映像祭では以下のような対応をさせていただきます。

・全天周ドーム展示を中止します。当初の予定では5mドームを設置し、内部で全天周ドーム映像を楽しんでいただく予定でしたが、濃厚接触を避けられない状況になりますので、展示を中止し、パネルや映像モニター展示に変更します。場所はホワイエ3階になります。

・フォーラムのネット配信。当日、登壇ゲストの了承を取れたものに関しては、日本国際観光映像祭のユーチューブチャンネルにおいて(予定)、配信いたします。日本国際観光映像祭の映像は、幸い、観光映像なのでほとんどがネットで見ることができます。そのため、ご来場いただかなくても多くのプログラムを楽しむことができます。後日、チャンネルをお知らせします。

・今回の会場のキャパシティは567人です。そのため、観客には、できるだけ、間を開けて座っていただけるよう、アナウンスをします。

・スタッフはマスク着用、また会場にはアルコール消毒のハンドジェルなどの準備をしています。

・来場者にはミネラルウォーターを配布し、頻繁な水分補給を促します。

ご心配をおかけしますが、よろしくお願いします。

日本国際観光映像祭
ディレクター 木川剛志